脊柱管狭窄症について

今回は脊柱管狭窄症についてお話します!

こんなお悩みはありませんか?

  • 歩いていると腰に痛みが出てきて、休むとまた歩ける
  • 将来的に歩けなくなったらどうしようと毎日不安
  • 足が痺れてる
  • 腰を後ろに反らしたりひねったりすると痛い
  • 下肢が重だるく感じる
  • 寝る時に痛みを感じる
  • 病院の注射や痛み止めの薬を減らしたい
  • しびれが強くて前にかがむことができない
  • 慢性的な腰の痛みを感じている

このようなお悩みがありましたら脊柱管狭窄症の可能性が高いです!

脊柱管狭窄症とは?

この症状では長い距離を続けて歩くことができません。
もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。
しかし、すこし前かがみになったり、休むとしびれや痛みは軽減されます。

進行すると、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、逆に尿が漏れる事もあります。

脊柱管狭窄症原因は?

脊柱管狭窄症の大きな原因は加齢、労働、病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫され痛みがでます。

脊柱管とは背骨、椎間板、関節、靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いようです。また背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので、間歇性跛行が起こるのです。

当院と整骨院・病院の違い

病院などでは痛み止めの注射や、薬、湿布、手術を用います。
整骨院では、痛い所、痺れている所をマッサージと電気が一般的ですが、その場は少し楽になるケースもありますが、またすぐに痛みが戻ってしまいます。

当院の施術は痛みの原因を探し、あなただけのオーダーメイド施術で痛みの根本から治していくので痛みが戻りにくいです。

当院の施術

共栄整骨院では始めにしっかり問診を行い、患者様の痛みの根本的な原因を見つけていきます。

お身体の状態を説明しながら、あなただけのオーダーメイド施術を行っていくので改善が見込めます。

また、痛みの出ない身体になるためにご自宅で出来るケアストレッチ法や体操などのアドバイスを行いトータルサポートいたします。

インターネット割引キャンペーン

共栄接骨院 本川越院

タップで電話
LINE@でも予約受付中